貿易業管理システム・輸出システム・輸入システム・オフショア開発

TRADINGシリーズ

メインメニュー

TRADINGシリーズ

HOME > TRADINGシリーズ > 輸入管理システム

輸入管理システム

TRADING-V3 (IMPORT)

輸入諸掛の按分処理を行い、より正確な原価を把握

原価管理

輸入時に発生する種々の経費を、商品原価に按分する事が可能です。
輸入諸掛の按分は数量基準や金額基準はもとより、お客様で設定頂いた係数を利用する事により、正確な原価管理を実現致します。
また、個別ロットで原価を把握している為、商品毎、入荷伝票毎異なるレートで商品原価を把握する事も可能です。

概略図

概略図

特長的な機能

@ 海外向け注文書の作成

ドキュメントの作成は入力イメージ=印刷イメージを実現しております。印刷プレビューの状態で、入力・編集が可能です。全てのドキュメントはデータベースに保存されますので、別途ファイル管理等の必要はございません。

@ 海外向け注文書の作成
A 外貨での債務管理

入荷伝票作成時、通貨マスタの値が計上レートの初期値となります。通貨マスタには最大で16通貨まで登録可能です。また、手動でスポットのレートを入力する事も可能です。邦貨と外貨の両方の値を保持する事で、債務の管理まで外貨に対応致します。

A 外貨での債務管理
B 為替差損益の自動計算

支払処理時、為替差損益の確認が可能です。伝票毎に計上レートを保持しておりますので、決済レートとの差額を為替差損益として表示します。

B 為替差損益の自動計算
C 為替予約の残管理

為替予約伝票を作成する事で、前払金伝票作成時、支払処理時に充当可能です。管理資料を利用し、残高や充当履歴を確認する事も可能です。

C 為替予約の残管理
D 洋上在庫管理

IN-TRANSIT伝票を利用します。買掛金は発生しますが、在庫は発生しません。月末時、期末時、洋上在庫を確認する場合は一覧を出力する事が可能です。

D 洋上在庫管理
E 未入庫残の管理

パーシャル・コンバインの制限数はございません。例えば、発注がパーシャルあるいはコンバインされても、未入庫残の把握は確実に行います。

E 未入庫残の管理
F 諸掛の按分処理

仕入・販売時に発生した経費を、数量または金額での按分はもとより、商品毎に設定した係数×数量 あるいは、係数×金額にて按分可です。これにより、重量按分、体積按分、関税率などの税率按分を実現します。より細かい按分計算ロジックにより、より細かい原価計算が可能です。管理資料を利用し、経費按分後の正確な原価を確認頂けます。

F 諸掛の按分処理

機能一覧

※はオプションによる追加項目

■マスタ
・部門
・入力者
・担当者
・地域
・通貨
・単位
・倉庫
・仕入先大分類
・仕入先
・商品区分1〜3
・商品
※完成品構成
※販売先大分類
※販売先
※直送先
・諸掛
・文章
・納入場所
・銀行
・勘定科目
※転送科目
・荷姿
・レターヘッド
※販売先別単価
・仕入先別単価
・自社情報
・プロジェクト

■データ入力
※見積
※受注
・Purchase Order
・入荷
※在庫引当
※売上
・入荷返品伝票
※売上返品伝票
※引当解除
・支払処理
※請求書(個別・一括)
※入金処理
・In-Transit
・輸入荷渡手配依頼書

■在庫
※在庫確認
(管理番号別)
※在庫確認
(有効在庫)
※製品生産
※倉庫間移動
※在庫数量調整
※在庫担当者変更
※在庫単価修正

■振替伝票
・未収入金
・未払金
※前受金
・前払金

■管理資料
※見積実績一覧
※受注実績一覧
※受注残高一覧
※売上予定表
・回答納期一覧
※受注台帳
・発注実績一覧
※未発注一覧
・未入庫一覧
※売上実績一覧表
※売上粗利一覧
・仕入実績一覧
・輸入台帳
・未着品リスト
・諸掛支払一覧
※在庫一覧
※引当実績一覧
※売掛金残高一覧
・買掛金残高一覧
・支払明細
※入金明細
※収支予定表(入金)
・収支予定表(支払)
・振替伝票資料
(未収入金一覧)
・振替伝票資料
(未払入金一覧)
※振替伝票資料
(前受金一覧・管理表)
・振替伝票資料
(前払金一覧・管理表)
※製品生産実績一覧
※商品受払表
・為替予約管理票
※ピッキングリスト
・シッピングスケジュール
※与信残高一覧
※元帳

■管理入力
・入荷スケジュール
(海外)
・経費入力(仕入)
※経費入力(販売)
※請求記録
・買掛更新
※売掛更新
※単価計算
※承認処理
・為替予約

■分析
※見積分析
※受注分析
※発注分析
※仕入分析
※売上分析
※在庫分析
※プロジェクト管理表
※売掛分析
※買掛分析
※与信分析
※在庫ショート

■その他
・システム設定
・入力者設定
・書類書式設定
・伝票書式設定
※摘要設定
(経理転送用摘要設定)
※勘定科目設定
・ステータス
・連番設定
・汎用データ作成
・SMTP設定
※伝票転送
・データバックアップ
・データリストア
・バージョン情報


動作環境

DB-Server

■OS
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2

■DB
SQL Server2005以降
Oracle9i 9.2.0以降

■HDD
160G以上の空容量
(300G以上を推奨)
(RAID1,5を推奨)

■MEMORY
OS又はDBエンジンのシステム要件値を推奨

Client

■OS
Windows 7
Windows 8
Windows 10

■HDD
100MB以上の空き容量
MEMORY
OSのシステム要件値を推奨

■APPLICATION
Microsoft Excel 必須 (2007以降)

ご質問・資料請求・デモ依頼

TRADINGシリーズ

連携ソリューション
奉行シリーズ連携
会計システム連携
電脳工場連携
クラウド